愛車を高く売るには

車

中古車は相場で流通

同じ自動車でも中古車は新車と比べて定価が存在せず、売却時の価格が販売価格を左右し、全国の流通業者が買取を行う平均価格が買取相場として推移し、相場をもとに買取額が決められます。買取価格から一定の儲けを付加して、法定料金や整備費、法定料金を加えて転売となります。買取業者が買取を繰り返すと相場は変動するという特異なシステムで中古車流通が行われます。しかも、人気モデルやグレード、走行距離、人気色、年式などの諸条件が大きく価格を変動させます。人気車種であれば、走行距離が多少伸びていても程度が良ければ高く買取が行われることがあります。新しい車で走行距離が少なくても事故車や程度が悪い自動車や不人気な自動車は買取価格が低いです。

高く売るためのコツ

買い換えなどで実際に自動車を売却するとなると、少しでも高く売却したいと考えるでしょう。多くの人は下取りという売却方法で処分されますが、下取りの場合、実際にお金を受け取ることなく追い金というかたちで売買を成立させます。購入する車が中古車であれば、新車に比べて儲けが多いため、買取価格を上げても買取と販売で利益が出ます。買取った車はオークションか転売にて後に利益が出ます。しかも、買取価格を上げたからと言ってその価格が必ずしも高値であるとは限らず、他社と比較してみると10万円以上も低かったという例があります。売却を高くするには、比較する業者を1社でも多くすることです。業者にとって買取は仕入となるため、業者は互いに競争し高値を付けるはずです。